高山病院 入院・転院について

高山病院 入院・転院について

1 入院における一般的留意事項

A.一般的留意事項
  1. (1) 患者さんの状態に応じ、急性期一般病床または、地域包括ケア病床
    でのご入院となります。
    (2) 急性期の医療機関から高山病院へ転院の依頼をされる場合は、当院
    に何を期待するのか、あるいは何をして欲しいのか等の目的をあらかじめ
    明確にして下さい。
B.入院対象疾患
泌尿器科
  1. (1) 泌尿器科系悪性腫瘍、それに関わる合併症
    (2) 腎・尿路結石
    (3) 尿閉などの排尿障害
    (4) 尿失禁、性器脱
    (5) 尿路・性器感染症
    (6) 術後回復期
    (7) 泌尿器検査入院(例:血尿の精査、前立腺生検など)
透析・内科領域
  1. (1) 慢性腎臓病の方の治療
    (2) シャント手術
    (3) 透析導入
    (4) 糖尿病性腎症における透析を含めた治療
その他

在宅復帰に向けてリハビリを目的とする転院や、当院で対応可能な悪性疾患によるターミナル期の患者さんの転院の受け入れも行っています。
また、在宅生活を継続するための一時的な入院(レスパイトケア)も可能です。
まずは、お電話にてご相談下さい。

※以下の患者さんは入院をお断りさせていただく場合があります。
(1) 入院治療に支障をきたす精神疾患・認知症
(2) 家族の協力が得られない

C.地域包括ケア病床について
  1. 急性期治療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さんに対し、在宅復帰に向けて治療、看護、リハビリを行うことを目的とした病床です。入院期間は最大60日となります。

    入院となる例
    (1). 在宅復帰のための入院
    もうしばらく経過観察が必要な方
    リハビリや在宅サービスの調整が必要な方
    (2). 在宅での生活を継続するため入院
    ショートステイの利用が困難で、一時的な入院(レスパイトケア)を必要とする方  
    低栄養やフレイル、サルコペニアの改善のための入院


※「地域包括ケア病床のご案内」はこちらをご覧ください。
地域包括ケア病床のご案内をご覧になる場合には、「Adobe Reader」が
必要となります。
インストールされていない場合は、無償配布の「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。

2.転入院依頼の流れ

  1. まずは当院へご連絡、ご相談下さい。必要な情報を確認いたします。(地域連携室)
  2. 診療情報提供書をFAXにてお送りください。(FAX092-921-4552)
  3. 入院可否の検討を行います。
    ※当院の診療体制では対応できない場合は入院をお断りさせていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。
  4. 転院可能であれば患者さんもしくはご家族の方にご来院いただき、担当医、看護部長、地域連携室との面談にて
    診療内容及び入院に対する意向等の確認を行います。
  5. 面談後に最終的な入院検討を行います。
  6. 紹介元医療機関・福祉介護施設に対して入院検討結果や入院日時を合わせてご連絡いたします。
高山病院入院相談票のご案内
入院相談票は、他医療機関や施設からの回復期・慢性期転入院依頼(リハビリ目的や療養目的など)に対して、診療情報提供書のみだけでは把握できない情報(日常生活動作や社会的背景など)をあらかじめ得るために使用いたします。
入院検討に活用する他、入院された場合は患者さん・ご家族と早期より関わることができ、共に退院・在宅支援などに向けた体制づくりを進められると考えています。

3.お問い合わせ

医療法人社団 邦生会 高山病院 地域連携室
〒818-0083 福岡県筑紫野市針摺中央2-11-10
TEL: 092-921-4511
FAX: 092-921-4552
受付時間: 月~金曜日 9:00~16:30
土曜日         9:00~12:00
※日曜・祝日はお休みです。
ホームページ: https://www.takayama-hosp.org/