リハビリ室

リハビリ室

ごあいさつ
リハビリ室長

当科は、透析患者さんの運動機能や在宅での日常生活活動の維持・向上を目的とした、腎臓リハビリテーションに特化したリハビリテーションを行っています。

入院中は、医師との合同回診、入院治療に関わる他職種(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、地域連携室)が参加する会議を行い情報交換、治療方針の共有を徹底し、他職種連携にてより質の高い充実したリハビリテーションを提供しています。また、退院前は必要な患者さんに対してご自宅へ訪問し、手すりの設置や段差の解消などの環境整備を行い、住み慣れた在宅で安全に療養や社会生活が送れるよう支援します。

スタッフ

  • 理学療法士:常勤5名(腎臓リハビリテーション指導士2名) 他 1名
  • 作業療法士:常勤1名

※2020年10月現在

医療保険利用サービスのご案内

1.腎臓リハビリテーション
人工透析患者さんの透析中の運動療法、筋力・運動機能検査や移動動作の評価
2.地域包括ケア病床のリハビリテーション
急性期後転院や在宅からの緊急入院などの患者さんに対して個々人の目標に合わせ
濃厚なリハビリテーションを行います。
また、在宅復帰支援計画にもとづき関連職種と協力して早期の在宅復帰を支援します。
3.疾患別リハビリテーション
泌尿器術後、閉塞性動脈硬化症、がん、COPD(慢性閉塞性肺障害)、肺炎、
骨折後、安静による廃用症候群、 排尿ケア・排尿動作の指導、尿漏れに対する
骨盤底筋トレーニング指導
リハビリテーション施設基準
運動器リハビリテーション料 ( Ⅱ ) 
脳血管疾患等リハビリテーション料 ( Ⅲ )
呼吸器リハビリテーション料 ( Ⅱ ) 
廃用症候群リハビリテーション料 ( Ⅲ )
がん患者リハビリテーション料

介護保険利用サービスのご案内

通所リハビリテーション
透析患者さんを対象とした1~2時間の短時間通所リハビリテーションを行っています。
在宅でいつまでも安心して、楽しく暮らせるように運動、身体機能の維持を図ります。
透析患者さんの病状を的確にとらえたリハビリテーションプログラムを提供いたします。
利用者負担金(概算)

※送迎に係わる費用も、下記に含まれています

時間要介護利用料(単位)
1~2時間
未満
要介護 1 331/回
要介護 2 360/回
要介護 3 390/回
要介護 4 419/回
要介護 5 450/回
区分利用料
(単位)
備考
リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ 330/月  
リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ 850/530/月 6ヶ月以内/超
リハビリテーションマネジメント加算Ⅲ 1120/800/月 6ヶ月以内/超
リハビリテーションマネジメント加算Ⅳ 1220/900/月 6ヶ月以内/超
短期集中個別リハビリテーション実施加算 110/回 開始3ヶ月以内
区分利用料(単位)
要支援 1 1,721/月
要支援 2 3,634/月
運動機能向上加算225/月
リハビリテーション
マネジメント加算
330/月
 
訪問リハビリテーション
退院しすぐに自宅生活になじめない、自信がない患者さんに対し専門の療法士がご自宅に伺い
リハビリテーションを行います。
同時に自宅内の転倒予防や家屋改造、福祉用具導入も行っています。

利用者負担金(概算)

※交通費は別途必要です。

要支援から要介護まで共通利用料
(単位)
備考
訪問リハビリテーション 292 1回20分につき
介護予防訪問リハビリテーション 292 1回20分につき
その他加算
区分利用料
(単位)
備考
リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ 230  
リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ 280  
リハビリテーションマネジメント加算Ⅲ 320  
短期集中リハビリテーション加算 200 1日
(3ヶ月以内2回以上)